信頼できる結婚相談所の選び方

「結婚したい」、「結婚相談所を利用して相手を探そう」
結婚相談所を選ぶ前に、本気でそう思うことが、最初の第一歩です。あいまいな気持ちや冷やかしでは、時間もお金もムダになってしまいます。「本気で結婚したい」が大前提です。

 

次にどんな結婚相談所を選ぶか。結婚情報サービス会社や結婚相談所は、全国に4000社とも5000社あるともいわれています。サービスの内容や範囲は各社まちまちです。さまざまな広告種類が目につくと思います。どんな業者を選べばいいのか?
セールストークや単に安いからという理由で、冷やかし半分に飛びつくのではなく、あなたがどのようなサービスを受けたいのか、はっきりさせることが大切です。

 

少なくとも、あなたの結婚について真剣に考えてくれて、何か悩みや不安があれば親身になって相談にのってくれる業者を見つけたいものです。

 

結婚相談所の中には事務的で高額の紹介料を請求する業者さんがいないとは言いませんが、それ以上に、親身になって相談にのってくれる結婚相談所はたくさんあります。そこには、真面目に真剣に結婚相手を求めて入会される会員さんがたくさんいます。それなのに、門をたたく前にUターンして、素晴らしい出会いのチャンスを逃すのはもったいないです。勇気をもって、良心的な結婚相談所の門を叩いてください。

 

良心的な業者であるかどうかを判断するのは、事前に次のチェックポイントを調べましょう。

 

安心・明瞭料金の業者を選ぶ!前払い制より成功報酬制

結婚相談所利用する場合、一番気にかかることはお金のことだと思います。料金は入会から成婚までのサービス費用ですから、その期間の活動頻度によって変わります。一般に料金は、入会金、登録料、月会費、活動費用、成婚報酬などが基本になります。したがって、お見合いから成婚までの期間が長くなれば、その分費用もかさみます。

 

料金体系は、入会時に成功報酬を含めた金額を先に払う「前払い制」を取る業者と、お見合いを重ねてめでたく相手が見つかってから支払う「成功報酬制」をとる業者とがあります。先に相当のお金を払ってしまえば、万一成婚に至らない場合は、それは無駄な出費になります。安心と納得という点では、成功報酬制です。これだと、成婚までは月会費や活動費用だけなので、なかなかいい人が見つからない場合も、負担感なく納得行くまでパートナー探しができます。

 

料金の点は、契約する前に業者に十分確認を取りましょう。いくらかかるのか、具体的な費用を確かめておきましょう。後で追加料金がかかって困ることがないように納得がいくまで聞いておくようにしましょう。

 

正式文書を取り交わす業者を選ぶ!クーリングオフ、中途解約の記載はあるか確認

いい業者か、そうでないかを見分けるには、契約前がチェックポイントです。結婚情報サービスの事業者には、「特定商取引法」によって、契約前にはサービス内容など入会の判断材料となる情報を、契約時には当事者の権利義務を書いた契約書を、正式文書にして取り交わすことが義務付けられています。

 

間違っても、口頭の約束だけでお金の請求をしてくるような業者は選ばないことです。まず、正式な契約書を取り交わすことです。もちろん、その書類には、事業所名、住所、代表者、電話番号など、責任の所在がキチンと書かれていることは言うまでもありません。

 

その上で、契約書に次のことが記載されているかどうか確かめましょう。

  • 1.クーリングオフの記載があること。
  • 2.中途解約に関する記載があること。
  • 3.個人情報の保護に関しての説明および了解をとる旨の記載欄があること。
  • 4.料金の内訳が明示されていること。

以上のことは、特定商取引法で記載を義務づけられている項目です。この記載がない契約書の場合は、警戒が必要です。

 

入会審査の厳しい業者を選ぶ!独身証明書で独身を審査する

真面目に結婚を考えるなら、相手の身元確認は最重点課題。結婚相談所に登録するには、次の最低限の条件が必要です。もちろん、独身であること。社会人として良識があり、健康で、生活していく上で支障がないこと。こういった方であれば、20歳から70歳位まで会員登録できます。

 

登録はご本人の入会申込み身上書、写真、相手に対する希望を書きますが、次のような審査をします。
1.独身証明
独身を証明するために、役所で「独身証明書」を取り寄せて提出します。
2.本人確認と申込み身上書の信憑性を審査
本人確認には、住民票の提出、免許証やパスポートの提示をします。収入は、所得証明書または源泉徴収票などで証明します。他には、在職証明、学歴証明を提出します。

 

書類を用意するのは、時間もかかるし、面倒と思うかもしれませんが、ここを曖昧にすると、後々トラブルや誤解が生じ、かえって面倒なことになります。面倒でも信頼できるお相手に行きつくには、これは必要な手続きです。面倒なくらい厳正な裏付けの要求は、逆に信頼できる証であると思いましょう。

 

カウンセラーの顔が見える相談所を選ぶ!1対1のカウンセリングで信頼関係

結婚相談所のサービス内容は各社まちまちなので、どういう方法で相手を紹介してくれるか、カウンセラーにはちゃんと相談にのってもらえるのか、よく確かめてから入会しましょう。紹介の書類にカウンセラーの写真も貼っていない、コンピューターのデータだけのプロフィールを送って来る相談所もあります。こうしたカウンセラーの顔が見えないところだと本気で紹介してくれるか不安が募ります。

 

その点、カウンセラーが1対1で対面カウンセリングしてくれるところは安心です。カウンセリングする中で、カウンセラーは身上書に書かれていない生い立ちや性格、考え方を引き出します。このプロセスがあるから、カウンセラーと相談者が打ち解け、信頼関係をつくることができます。カウンセラーが相談者の考えや好みをじっくり聞いて、成らないものも成るように努力してこそ、相談業務というモノです。登録の前に事務所などに出かけていって、しっかり確かめておきましょう。

 

システムをしっかり理解する

どのように紹介してもらえるか、紹介人数は月に何人紹介してもらえるか?など疑問に思っていることはしっかり確認しておきましょう。パーティーも開催しているのか?月に何回くらい開催か?など、パーティーが好みの人は、パーティーが多い所を選ぶといいですし、自分に合っているかどうかを見極めることが大切です。相談所によって、紹介方法も異なります。運営会社がしっかりしているかよく確認してください。住所、電話番号、お問い合わせ先などがしっかり明記されているか?特定商取引の明記がされているか確認しましょう。しっかりした会社を選んでください。

 

 

結婚相談所に入会する前に実際に結婚相談所を体験した方の口コミを見てからだと安心して入会することができます。
結婚相談所の口コミを詳しく見る


このページの先頭へ戻る