結婚相談所の種類を知ろう

結婚相談所を大きく分けると3種類あります。大手の結婚情報サービス大手連盟加入型インターネット媒介型です。大手の結婚情報サービス(マッチング型)とは、登録した独身男女会員がそれぞれの条件をコンピューターでマッチングさせる仕組みです。大手連盟加入型(仲人型)は、従来の「仲人さん」が職業となり、仲人さんが会員を紹介し合ってお見合いを行う「お引き合わせ」であります。また最近では、インターネット上で会員登録をし、自分のプロフィールと相手への希望を登録してマッチングした人とメールの交換からお付き合いを始めるというインターネット媒介型(インターネット型)も普及してきています。

 

とにかく情報の量が多いほうがい、仲人の協力がなくても自力でなんとかできると考えている人は大手の結婚情報サービスを利用するといいでしょう。仲人の方にアドバイスをもらいながら、しっかり相談しながら婚活したい人は大手連盟加入型がいいです。仕事も忙しくなかなか婚活できない、低コストでお相手を探したい方は気軽に利用できるインターネット媒介型がいいでしょう。

 

「どうしても身近に出会いがない」とか、あるいは「出会いを広げるとかじゃなく、はじめから結婚を意識してつきあいたい」という人は、結婚を前提とした相手探しのできる結婚相談所を利用してみるといいです。結婚相談所は紹介の仕方や活動内容、料金システムなどそれぞれの会社によって違いがあります。しっかり自分で情報収集をして比較検討してください。自分に合ったものを利用してしっかり婚活しましょう。

 

 

 

 

 

結婚相談所の種類記事一覧

結婚情報サービス会社は新聞や雑誌やインターネットに大きく広告が出ているような大規模会社が中心です。知名度も高いです。このタイプの特長は、全国に10数万人規模の会員がいて、あくまでもその情報を提供(データマッチング)することがサービスだということです。だから、成婚しても成婚料はいりません。結婚情報サービスのシステムとしては、独身の男女が結婚情報サービス会社に登録して自分のプロフィールや相手への希望を...
大手連盟加入型の結婚相談所は、仲人の方が、相手選びからお見合いから交際、婚約、ご成婚まで、しっかりとアドバイスをしてくれてフォローしてくれます。会員が仲人さんのところに来て相談して結婚相手を見つけますが、相手の見つけ方にはいくつかのタイプがあります。会員が多い仲人さんは自分のところに登録している会員同士で、会員が少なければ、他の仲人さんと連携したり、もしくは仲人さんがたくさん登録している団体に加盟...
最近、インターネットによるネット型結婚情報相談所が急激に成長してきています。相手を探すサイトに自分の情報を登録し、希望する条件を入力することで結婚相手を検索し、条件に合った人のプロフィールを見て、気に入った人にメールを送るといった仕組みです。他の結婚相談所と大きく違う点は、料金が安く、入退会がネット上で簡単にできるということです。あくまでも「場」の提供であり、そこでそれぞれが自由に出会い、成婚など...

このページの先頭へ戻る