結婚相談所をうまく活用しよう

結婚相談所を上手に活用して、効率のいい婚活をしている人もいます。結婚相談所の裏ワザ活用法をご紹介します。

 

1.結婚相談所のスタッフを味方につける

例えば、結婚相談所のスタッフが、入会している結婚相談所の会員を、ほかの結婚相談所の会員の人とお見合いをセッティングしたときにも、スタッフを味方につけておけば、スタッフが手厚くフォローしてくれます。「この女性は、いつもスタッフにまで細やかな気遣いのできる素晴らしい人なんです」というように、プロフィールだけでは見えてこないディティールの部分まで伝わるように、先方の仲人に言い含めてくれたりします。結婚相談所のスタッフを味方につけることは、結婚相談所を上手に活用する一番のテクニックです。

 

2.真剣に結婚をしようとするひたむきさが必要

例えば、忙しい仕事についていて出会いがない、だけど、どうにか短期間で結婚できるような方法が知りたいという人は、スタッフに真剣に相談しましょう。お見合いのセッティング回数を多くしてくれたりする相談所もあります。1日3回、午前と午後、それから夜にお見合いのセッティングを決行し、3カ月で30人と出会いそのうちの一人と結婚をしたという人のケースもあります。とにかくいろいろな人と出会ってから結婚を決めたいという熱意がスタッフの心を動かします。忙しさを理由にせずに、真剣に人と向き合って結婚をしようとするひたむきさが時には必要です。

 

3.女子会を婚活に活かす

例えば、女子会などで、女子トーク中に、みんなにいい男リサーチをします。「イケメン、背が高い、太っ腹、後輩に慕われている、お金持ち、出世の見込みがある・・・」という具合に色々出てくる「いい男の条件」を、その場でノートに書きとめてみる。その次に、そのなかでも自分も同意できるものにチェックして、オリジナルの「いい男リスト」を作成します。そのリストを持って結婚相談所で、「この条件に見合う男性を探してください」とお願いします。素敵な男性と結婚したいと願うストレートな気持ちとそのための努力が、「この女性には、素敵な男性を見つけてあげよう」と結婚相談所のスタッフの心を動かせるかもしれません。

 

このように、結婚相談所を活用して、結婚相談所のスタッフを巻き込んで、幸せな結婚をつかみとって行きましょう。

結婚相談所の裏ワザ活用法関連ページ

失敗しない結婚相手選びの基準は「3手」
結婚相手の条件は「3高」は古く、「3低」に加え、現在は「3手」が理想の結婚相手のタイプだといわれています。結婚相手選びは「3手」を基準にすると失敗がないでしょう。時代に合った婚活をしていくことが幸せな結婚に辿りつくためのポイントとなります。
すぐにでも結婚したいと思われる女性のタイプ
男性がすぐにでも結婚したいと思う女性はどんなタイプなのか?3つの条件を紹介します。男性の理想のタイプの女性になれるように工夫していきましょう。何もしないでいては結婚はできません。幸せな結婚へ前進していってください。
結婚したくなるのはどんな時か
人が結婚したくなるのはどんな時なのか。男性も女性も結婚したくなる時があります。結婚をしたくなっているときが狙いどきです。相手の状況を見極めて、婚活をすすめるようにしましょう。
魅力のある人が結婚相談所を訪れる理由
昔は「モテない人が利用する」と思われがちだった結婚相談所ですが、現在は「条件のいい人と結婚できる場所」というふうに人気が出てきました。はたして結婚相談所が人気の理由はどうしてなのでしょうか?その理由を探ります。
結婚相談所での婚活は?
結婚相談所に入ってみたい、婚活してみたいという方に、まず何をすればいいのか、入会からどのような流れで進んでいくのか紹介します。

このページの先頭へ戻る