結婚相手選びは「3手」を基準にすると失敗なし

結婚相手は3手

理想の結婚相手の条件として「3高」がもてはやされた時代がありました。高収入、高学歴、高身長というのが3高の内訳です。今となっては想像できないかもしれませんが、その当時は本気で「男性の身長は180cm以上が理想よ!」「学歴は、早稲田、慶応、上智がベスト。青学、立教ならセーフかな」といった発言を堂々とする女性がたくさんいました。アッシーという運転担当の男性やメッシーという食事担当の男性が出没したのもこの頃でした。

 

そののちバブルがはじけ、世の中の消費動向が縮小されていくにしたがって、3高を求める声も小さくなってきました。その後、3高に変わって台頭してきた考え方が「3低」です。3低とは、低収入、低学歴、低身長ではなく、低姿勢・低依存・低リスクの事でした。具体的には、物腰が柔らかで腰の低い男性や自立していて将来に向けて安定した職業についている男性、束縛しない男性が理想とされたのです。

 

それでは現在、かつての3高や3低に変わって、台頭してきた理想の結婚相手に対する考え方があるのか?

 

実は「3手」というのも、最近の女性が理想とする結婚相手のタイプだといわれています。3手とは、次の3つのことを言います。

 

手伝う

家事や育児を積極的にサポートする男性です。イケダンやイクメンとも呼ばれています。

 

手を取り合う

亭主関白とは真逆のタイプです。お互いの理解や協力を得ながら暮らしていかれる男性です。

 

手をつなぐ

パートナーに対して惜しみない愛情を表現できる男性です。

 

 

以前は、女性は結婚したら男性に養ってもらうもの、という認識が前提にありました。夫は仕事、妻は家事という伝統的なスタイルにこだわっている人が多かったです。なので3高や3低といった選択の基準が大事だったのでしょう。ところが時代は変わった今、結婚は「男性に幸せにしてもらうもの」ではなくなりました。「男性と一緒に幸せになる」という考え方が結婚の新しいスタンダードになったのです。

 

そうなると、男性まかせでなく、女性も協力して結婚を維持していかなくてはなりません。そこで、3手のような歩み寄る姿勢のある柔軟な男性が求められるようになるわけです。

 

男女が協力し合って結婚生活を続けていくという考え方は、経済的な面も後押ししています。かつては、専業主婦は当たり前、夫の稼ぎだけで生活が成り立っている家庭がたくさんありました。ところが今は共働きが主流です。

 

「女性を一生養って豊かな生活を送れる収入が見込まれる男性の数が少なくなっている」という事実、今の会社が来年あるかわからない、自分の立場がいつ危うくなるか読めない、そういった社会だからこそ、夫にだけ頼るのではなく自分でも生活を確保するだけの稼ぎを求めるようになります。すると、家事や育児をサポートしてくれるパートナーが必要になるのです。

 

女性も稼ぐ、男性も家事をするということを前提にして婚活しなければなかなか結婚に辿りつけないということを知っておきましょう。

 

このように、時代に合った婚活をしていくことが、幸せな結婚のポイントとなります。

 

 

 

失敗しない結婚相手選びの基準は「3手」関連ページ

すぐにでも結婚したいと思われる女性のタイプ
男性がすぐにでも結婚したいと思う女性はどんなタイプなのか?3つの条件を紹介します。男性の理想のタイプの女性になれるように工夫していきましょう。何もしないでいては結婚はできません。幸せな結婚へ前進していってください。
結婚したくなるのはどんな時か
人が結婚したくなるのはどんな時なのか。男性も女性も結婚したくなる時があります。結婚をしたくなっているときが狙いどきです。相手の状況を見極めて、婚活をすすめるようにしましょう。
魅力のある人が結婚相談所を訪れる理由
昔は「モテない人が利用する」と思われがちだった結婚相談所ですが、現在は「条件のいい人と結婚できる場所」というふうに人気が出てきました。はたして結婚相談所が人気の理由はどうしてなのでしょうか?その理由を探ります。
結婚相談所での婚活は?
結婚相談所に入ってみたい、婚活してみたいという方に、まず何をすればいいのか、入会からどのような流れで進んでいくのか紹介します。
結婚相談所の裏ワザ活用法
結婚相談所の裏ワザ活用法を紹介しています。結婚相談所をうまく活用して、効率のいい婚活をしましょう。そして、幸せな結婚をつかみとっていきましょう。

このページの先頭へ戻る