役立つ!相手を引きつける婚活の裏ワザ

相手を引きつけるためのすぐに役に立つ婚活の裏ワザをご紹介します。自分のできそうなものから挑戦してみてください。

 

プロフィールづくりを完璧にする

結婚相談所における結婚とは、オーデションのようなものです。書類審査⇒1次審査⇒2次審査と進んでいき、最終選考に残った人だけがグランプリに輝けます。つまり、どんな人でもまず重要になるポイントは最初の書類選考をパスしなければならないということです。そのためには、完璧なプロフィールづくりが必要になります。結婚できる人とできない人は、プロフィールづくりの段階で決まると言っても過言ではありません。そのくらい、プロフィールとは気合を入れて作るべきものです。

 

写真撮影はアンチエイジングで

誰でも、今の自分を実物以上に魅力的にアピールできる方法があります。それは、写真撮影を完璧にすることです。写真によって必ず5歳、ふり幅の大きい人なら10歳は若くみえるという究極のアンチエイジングの方法です。人の心理と言うのは、写真を見て「会う、会わない」を決めてしまうものです。写真を見て次のステージにすすむかどうかが決まるわけです。

 

証明写真のようなものをプロフィール用に使おうとする人は絶対NGです。写真スタジオでプロのカメラマンに撮影してもらうようにしましょう。ナチュラルにキレイに撮影してくれます。単なる証明写真では、男性に選ばれる確率は1%もありません。若く美しく見せることができるのが写真の持つ力なので、写真撮影にも気をつかいましょう。

 

まずは、相手をプラス評価してみる

お見合いに限らず、はじめて会う人がいる席で絶対にやってはいけないことは、相手のマイナス評価をするということです。初対面のときに、思い込みや先入観ほどあてにならなくて、邪魔になるものはありません。それがマイナス評価ならなおさらです。女性は年齢や経験を重ねると、人のことをマイナス評価しがちになる傾向があります。

 

「ここが私と合わない」という思いで男性を見ることによって得られることは何もないことに気が付かなければなりません。「この人って、どんな人なのだろう?」と無理矢理にでもわくわくした気持ちで挑んだほうが実りある時間になります。相手の『いいところ探し』をしていくようにしましょう。

 

細かいことを見抜けない男性心理を上手に活用する

男性の多くは本質的にシンプルな思考回路でできていると思っておいたほうが無難です。婚活において、男性のおおらかな部分を活用して賢く立ち回れば、幸せな結婚に近づくのです。具体的には、まずは、素直な感情を口に出して言うことからはじめてみてください。

 

たとえば、「そのブラウス、よく似合いますね」とほめられたとき「ありがとう」で終わらせるのではなく、「ほめてもらえてとてもうれしいです」と伝えるようにします。同様に、二人の間で誤解が生じた時は、「○○さんに、そんなふうに思われているかと思うと悲しいです」と言うようにします。

 

自分の感情の部分を言葉にして伝えていくことで、「この女性は今、こんなふうに思っているのだな」ということを、できるだけわかりやすくお知らせするのです。何を考えているかわからない複雑な女性よりも、感情がハッキリとわかる裏表のない女性のほうが、シンプル構造の男性にとっては理解しやすく交感を持ちやすいものです。

 

あえて男性ウケのいい洋服選びを

どんな女性でも男性ウケのいいファッションのいちばんのポイントは、なんといっても「清潔感」です。敬遠されるのは、個性を出し過ぎたファッションや女性らしさを感じさせない装いです。また、同性受けがいいファッションも要注意です。モードすぎたり、凝ったデザインのオシャレすぎる洋服は、とっつきにくそうという印象を与えることもあります。

 

男性に人気の高い女性のファッションは、ワンピース、ブラウスとスカートのコーディネート、かっちりしすぎないジャケット、ニット、ノースリーブなどです。女性らしさ、ほどよいセクシーさを摂りいれるのがコツです。ほとんどの男性は、この女性となら恋愛できそうだと思える女性らしいファッションを好みます。

 

黒・茶・紺の色は非モテ色と心得る

同じ洋服を着ていても、「かわいい人だな」と好印象を与える場合もあれば、「さえない人だな」と印象に残らない場合があります。両者の差は洋服の色にあります。男性の印象に残りにくい色は黒、茶、紺の3色です。これらは仕事場で見慣れた色であるため、かっちりとしたイメージが擦り込まれています。一度、ビジネスモードに入ってしまった男性を、恋愛モードにシフトチェンジするのは、なかなか難しいです。地味な人のイメージを避けるためにも、ビジネスカラーの洋服をお見合いやデートで着るのは控えましょう。

 

洋服選びの基準は、「普段、男性が着ない色」を中心に考えることです。ピンクや白パステル系のグリーンやイエローといったシャーベットカラーもおすすめです。これらの色は爽やかなイメージがあるので、女性の軽やかなイメージを伝えやすいです。

 

ヘアスタイルとメイクに手抜きは厳禁

男性の本能として「ふわふわと揺れるものに惹かれる傾向がある」そうです。ヒラヒラしたスカートの裾や耳の下でキラキラと揺れるピアスも、女性らしいアイテムです。男性が「いいな」と思うツボのようです。ヘアスタイルで男性の好む女性の髪形の人気のトップはセミロングです。「ふわっとした軽くカールした髪が、鎖骨のあたりで揺れるのがたまらない」そうです。多くの男性の好みにあてはまるようです。

 

色は地のままの黒か、カラーリングしたとしても暗めの茶色まで。メイクも基本的には、ナチュラルメイクが男性に好まれます。しかしナチュラルメイクと手抜きメイクを一緒と考えないようにしてください。すっぴんに見えて素肌より美しくみせるようなメイク法をみにつけておきましょう。とにかく、見た目に関してはできるだけいつも手を抜かず、キレイを心がけていることが美人をつくる秘訣です。

 

交際中の支払いは相手を立てる

交際中の支払いは相手を立てましょう。交際中は男性にごちそうになっていいのです。お茶をごちそうしてくれると申し出ている男性に対して、自分も払うときっちり半額分をしはらったら、男性としては「お茶すら支払えない男だとおもわれたのか?」「自分には貸しをつくりたくない、ということなのか?」とマイナスに考える男性のほうが圧倒的に多いのです。素直に「嬉しい!ごちそうさまです」と喜んだほうが、かわい気があります。

 

もし、また会いたいと思える相手なら、「じゃあ、次回は私にごちそうさせてもらえますか?」と次があることを匂わせるのも手です。結果的に、ふたたびごちそうになったとしても男性はまんざらでもないはずです。交際中は、いわゆる「男の沽券」を大事にする意味でも、男性に支払ってもらう方がスマートでしょう。

 

タバコととお酒には慎重に

タバコを吸う女性を苦手と思う男性は少なくありません。「女性とタバコを吸う行為が結びつかないから」「女性には似合わないと思う」と言ったイメージ先行の意見が多いのも特徴的です。たとえ自分が喫煙者だとしても女性には吸って欲しくないと考える男性もいます。相手にもよりますが、タバコは吸わない方が、チャンスの間口が広がることは確かです。

 

お酒についてもたしなむ程度がベストです。飲み過ぎて相手に醜態をさらしてしまったということのないようにしましょう。もしもお酒に強くないという自覚がある人であれば、相手にすすめられても、「明日は仕事なので、今日は帰りますね」とやんわり断るのが無難です。

 

高感度アップの携帯電話三つのマナー

見ていないようでしっかりチェックされているのが、携帯電話のマナーについてです。二人で会うときには、携帯電話はマナーモードに設定し、電話の着信音が鳴らないように配慮しましょう。もうひとつのマナー違反は、目の前でメールのチェックをしたり返信したりすることです。これもNGです。

 

それと、こちらはぜひ実行してほしいプラスのマナーです。2人で会った後、「今日は楽しかった」という気持ちをこめたメールを相手に送るようにしましょう。男性は女性をよろこばせることにやりがいを感じるので、女性に楽しかったと言われるのはとても励みになることです。あなたへの好感度も格段にアップすることにつながります。

 

キャリア女子におすすめ「スキ」の作り方

男性から「スキがない」「話しかけにくい」と言われた経験はありませんか?婚活においてスキがないのは必ずしもいいことではありません。かたすぎる性格や、話しかけてもそっけない返事しかできないタイプ、バリバリに仕事ができるお化粧も完璧な女性は、男性からは近寄りがたい女性とみなされて敬遠されてしまいます。

 

「スキがない」「話しかけにくい」「かたい」と言われてしまう人は、そういったオフの一面が相手に想像させにくいのだと思います。であれば、自分から小さな失敗や笑えるミスの話をしてみてはいかがでしょう。意識的に人間的な部分を見せることで、相手は「この人でも自分と同じようにダメな一面もあるんだな」と安心してもらえるようになります。

 

自分のアピールポイントを探す方法

どんな自己PRをすれば男性の心に残る女性になれるのでしょうか。まずは、幸せな結婚がしたいということを伝えることが先決です。真剣に婚活をしているならば、そのことを隠さずにストレートにアピールしたほうがいいと思います。同じように結婚願望のある男性に注目されやすいからです。「結婚したい」と言っていない人を大勢のなかから見つけるのは難しいことですが、手を挙げている人を探すのは簡単なことでしょう?

 

たとえば、仕事ばかりだった女性だったら、自己PRの欄には「これまでは仕事を頑張ってくる毎日だったので、1日でも早く結婚がしたいです」と書くと、ストレートに気持ちを素直に伝えることができます。どんな人でも長所はあると思うので、「会社に遅刻をしたことがない」「人との約束は必ず守ります」「掃除や整理整頓が得意です」「動物や子供が大好きです」といった一見なんということはない特徴でも、結婚相手として考えた時に魅力的に見えるアピールポイントになるように見せ方を工夫すればいいのです。

 

女子会に出るより自分磨きができるお得な方法

女性が集まる女子会に出ることは、ストレス解消はできるものの婚活にはむしろマイナスなことが多いです。仮に彼氏ができたとしても、「大丈夫?だまされていない?」とマイナスなコメントをされたり、「私たちにも紹介してよ」と面倒なことを言われたりすることも多いでしょう。「結婚相談所って怪しんでしょう?」「詐欺とか平気?」と、結婚相談所にまで難癖をつけ出す女友達もいるそうです。そんなこともあるので婚活にあたり女子会に参加することはあまりおすすめしないです。

 

女子会に参加するメリットが情報好感とするならば、もっとお得な方法は、結婚相談所が主催している各種セミナーやイベントに出てみることです。結婚相談所は婚活中の女性たちを応援するために、ゲストを招いて講演会をしたり、自分磨きのレッスンを開催したりしているところもあります。こういったレッスンやセミナーに参加すれば、婚活中の女性たちにも会えるので、情報交換はできます。女子会に参加するよりも、婚活に有益な情報がたくさん飛び交っていて、自分磨きもできてしまうというお得な方法です。

 

経済観念をアピールする

男性は結婚相手の女性には、経済観念があることを望んでいます。自分が汗水たらして稼いだお金を、湯水のごとく使われてしまっては生活が成り立ちません。お金の大切さを知っている女性や、社会で働くということの大変さを知っている女性が求められます。

 

結婚相談所で出会った男女がお見合いを通じて交際に発展した後は、普通のカップルのようにデートを重ねます。その際、女性が持っていると好感度がアップするアイテムがあります。それはクーポン券です。お店によっては総額の20%割引だったり、ドリンクが無料になったりするお得なチケットがあります。お店選びの段階でそういった場所をセレクトし、さりげなくクーポン券を持参して「こんなのあったから持ってきちゃった」と言いましょう。

 

すると男性は、「しっかりしている人だな。これなら家庭をまかせても安心だろう」と思うのです。お見合いで知り合った男性であれば二人は結婚することが前提なので、クーポン券の思いやりはプラスのポイントになります。活用して、経済観念がしかりしているところをアピールしましょう。

 

安物買いをやめると品格がアップ

女性らしいしぐさや振る舞いが自然に身につく方法は、まずはショッピングからお金の使い方を変えてみてください。具体的には、3点の安いものを買う代わりに、3倍の値段の1点を買うようにします。つまり、洋服や靴、バッグやアクセサリーなど、自分の持ち物を今よりアイテム数は3分の1に減らし、価格を3倍に、それぞれ変えていくのです。高価なアイテムを身につける理由は、物を大事にするようになるからです。

 

物を大事にするようになると、必然的にその物を扱うときの行動が慎重になります。指先まで神経が行き届くようになるからです。これこそが、しぐさや振る舞いを美しくする秘訣でもあるのです。安いものをたくさん買って乱暴に扱うような消費生活はやめて、数は少なくても大切にすることで、しぐさや振る舞いまで美しくなるのは浪費ではなく節約です。お金の使い方を改めると女性は変われます。人の持っている雰囲気は、生活習慣によっていくらでも変えていくことができるのです。

相手を引きつけるワザ関連ページ

相手に結婚を決意させる会話術
お見合いを成功させる決め手となるのは「会話」です。相手に結婚をしたいと思わせることができるような会話のテクニックをご紹介します。会話上手になって素敵な結婚をつかみとりましょう。

このページの先頭へ戻る